アレルギーのお薬について

最後は薬による治療について。これは具体的には「副腎皮質ステロイドホルモン」であるとか、「抗アレルギー薬」といわれるお薬が主に使われるそうです。

副腎皮質ステロイドホルモン、皮膚の湿疹から、鼻汁であるとかぜんそくの症状と、幅広く使えます。ステロイド薬は抗体産生を抑えてくれる働きをもっているので、抗原に過剰反応することがなくなるのですね。化学物質名ではプレドニゾロンであるとかベタメタゾンというものが主だそうです。他にはトリアムシノロンであるとかヒドロコルチゾンやプロピオン酸ベクロメタゾンやフルチカゾンプロピオン酸エステルなどもあります。

デジタル衛星放送スカパーのサッカー番組情報のサイト
スカパー!JSAT

次に「抗アレルギー薬」のお薬についてです。抗アレルギー薬は、様々な種類があるようです。一言で抗アレルギー薬とはいっても、働きが違うお薬がたくさんあるのですね。具体的に見ていきます。

*化学伝達物質遊離抑制薬…I型アレルギーの説明のところにでてきたヒスタミンなどの物質が出現することを抑えてくれます。お薬の化学物質名はクロモグリク酸ナトリウムやトラニラストです。

*ロイコトリエン受容体遮断薬…ロイコトリエンという物質は炎症を起こしたりするのですが、その効果が出るためにはロウコトリエン専用の受容体にくっつく必要があります。このお薬は、その「くっつく」ことを妨害して選れるギー症状が起こらないようにしてくれるお薬です。お薬の化学物質名はプランルカスト、モンテルカスト、イブジラスト、アンレキサノクスがあります。

*トロンボキサン関連薬…トロンボキサンは、血液が固まったり血管の壁を狭くする作用のあるものです。この分野のお薬は、そのトロンボキサンそのものを合成させなかたり、作用するために必要な受容体にくっつく動作を邪魔してくれたりします。具体的な化学物質名はオグサレルやセラトロダストになります。

*TH2サイトカイン阻害薬…IgGやIgEを作らなくさせます。具体的な化学物質名はスプラタストなどです。

*H1受容体遮断薬…H1受容体は、ヒスタミンが作用するためにくっつく必要のある「ヒスタミン受容体」のことです。このおかげで、ヒスタミンが受容体にくっつかないので、結果的に炎症作用などがおこらなくなります。具体的な化学物質名はケトチフェンやアゼラスチン。エピナスチンやメキダジンなどです。

以上、アレルギーの主な治療方法について纏めてました。

アントシアニンについてのWebサイト
効果や効能、食品情報などについて

東京をはじめ、首都圏のバイク情報が満載なのはこれ
GooBike.com

ページの先頭へ