白血球のなかのB細胞

さて、その中でも抗体といわれる物質を作ったりしているのが「B細胞」とB細胞の補助係りをする「ヘルパーT細胞」という細胞です。B細胞は細胞ごとに作る抗体の種類が決まっているので、ヘルパーT細胞が抗原(身体の中に入ってきた有害物質)を分析して、ヘルパーT細胞が要請する抗体を、該当するB細胞がつくっていくのです。このようにして、ヒトの身体の免疫と言うものは成り立っています。

そうして、B細胞の表面にはY字型でよく現される「免疫グロブリン」と呼ばれる、抗原を察知するセンサーのようなものがついています。この「免疫グロブリン」は大きくわけて五つの型があり、それぞれIgG、IgA、IgM、IgD、IgEと名前がついています。

アントシアニンの特集サイト
こちらのサイトでアントシアニンの情報はばっちり

B細胞は自分の細胞表面にある、上記のような5種類の免疫グロブリンのおかげで、攻撃する対象の抗原をみわけているのです。

ビルベリーの情報満載のサイトはこれ(URL

ページの先頭へ