白血球について

そんな中で、今回知りたいアレルギーと最も関係が深いのは、血液の中…それも白血球と分類されるものたちによる免疫システムでしょう。

低反発マットレスをお探しならこちら

白血球と一言では言っても、実はその種類は一種類じゃありません。白血球は「単球」「リンパ球」「顆粒球」と分かれます。そうして「顆粒球」はさらに「好中球」「好酸球」「好塩基球」とわかれます。「リンパ球」も細胞によって「NK細胞」「B細胞(Bリンパ球)」「T細胞(Tリンパ球)」と分類され、それぞれに違う役目を持ちます。「単球」は成長して「マクロファージ(大食細胞)」というものになります。

それぞれの細胞はの大きさは「単球」>「リンパ球」>「顆粒球」となっていた、それぞれが自分の大きさにあった仕事をしているのです。

ページの先頭へ