アレルギーには五つの分類

一言にアレルギーとはいっても、様々な症状があって幅が広すぎる感じがしませんか。そうして調べていくと、アレルギーにも幾つかに分類できるのだということがわかりました。I型アレルギーだの、II型アレルギーだのという言葉を聴いたことがありますが、それはアレルギーの型を分類して言っているらしいのです。

さて、アレルギーに型がある。ということまではわかりましたが、それはどうやって型を分類しているのでしょう?調べて見ると、この番号付けは、アレルギーの発生する機序(しくみやメカニズム)によって分類しているようです。そうして、それは一から五までの番号分類があるということなのだそうです。

デジタル衛星放送スカパーのサッカー番組情報のサイト
スカパー!JSAT

まとめると、アレルギーが発生するしくみは大きく分けて五つあります。そしてその五つのアレルギーは互いに区別されて「I型アレルギー」とか「II型アレルギー」と呼ばれる事があるそうです。そうして、この発生機序による分類を「クームス分類」と呼ぶそうです。

このサイトでアントシアニンを体のために生かす

このクームス分類と言う言葉、科学系の用語の例に漏れず、その分類方法を提唱した人の名前が由来だそうですよ。正確には クームスと言う人とゲルと言う人が1963年にアレルギーという疾患を、その発生機序にしたがって分類しようとしたことが由来だそうです。

アトピーは?というと、これらの分類とはちょっと違うようです。アトピーに関しては1923年にクッカとクーケという人物により「少数の家計の特定の人に限って発症する、遺伝する傾向の強い病態(以下略)」となっているそうです。思ったより曖昧な定義なのですね。

また、そもそもが「アレルギー」という言葉はギリシア語由来であり、有害な物質に対する免疫反応のうち、ツベルクリン反応など一連の変調した反応を示す言葉としての定義であったそうです。それが、今では少し違う具合の言葉として使われている…それだけ、アレルギーという疾患に対しての人間の理解が深まったというべきか、それとも…?

ページの先頭へ